スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントフォーク不調の原因判明

しばらく走っているとフォークが異常に沈み込んでてストロークしない現象に
悩まされていた。 6年も酷使していれば色々傷んでくるのは当然で、
いよいよ新しいフォークを購入か?お金かかるなぁいやだなぁなどと思いつつ、
それでも修理できるかも?と淡い期待を寄せつつタカヤマサイクル店長に相談。
口頭での説明だけで原因を特定することはできないけど、ロックショックス(RECON)
は交換用パーツが取り寄せ可能なので、交換して直る可能性あると言われやってみた。
写真 12-07-16 10 54 53
エアチャンバ―レッグからばらして、内部パッキンを交換。
組み付け前にフォークオイル♯15を塗布(固めのオイルでシールドUP)し
組み付ける。 外して分かったことだけど、パッキンそのものにクラックはないものの、
新品と比べるとかなり硬化していることが分かった。フォークのオーバーホールは5年くらい
でしないといけないと実感した。
でもって、オイルチャンバーレッグをばらしてピストンリングを交換。
ピストンリング:車のエンジンにもついていてピストンとシリンダー間のシールをしてくれる。
これが、劣化などによりすり減るとシールが落ちてパワーダウンになる。
新品と比べるとかなりすり減っており、おそらくピストンとインナーレッグをシール
しきれなくなり、オイル落ち現象=ストローク量ダウンになっていたと推測される。

とりあえず、その他もろもろのパッキンも好感して作業終了。
まだ、家の周り走っただけだけど、フォークが落ち込むことはなさそう。
はぁ~やっと1つ問題解決できたよ。
やれやれ・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。