スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム考

tight3.jpg tight3はスクロモリフレーム。
 アルミフレームと違い、ダートでの
 乗り味が良い。
 アルミだとゴツゴツって感じが、
 クロモリだとゴトンゴトンとなる。
 tight3はクロモリには珍しく、
 

ディレーラーハンガーがフレーム一体型じゃない。他のクロモリフレームはほとんどが
一体型。理由は分からないけど、恐らくハンガーが曲がるほどの応力がかかった場合、
他も曲がってしまうからだと思う。(・・か、クロモリだからたたいて直せってことかも)
私の場合、トレイルで枝を巻き込んでハンガーが折れた経験がある。
因みに、フロントホイールにも巻き込んでフルロック&顔から転倒したこともある。
そんな経験から、ハンガーは壊れるものだと理解している。
だから、フレーム一体型は眼中にないのです。

山を走ると、思いもしないトラブルに遭遇したりします。
そういったリスクを避ける意味でも、小さいことですがハンガーにこだわったりしてます。
トレイル整備も、枝払いがメイン。
スピード出てる時のフルロックは結構怖いですから。

と、まぁ、、買えもしないフレームに思いを寄せてカタログ見たりしている今日この頃です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。