スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントフォークオイル交換

CA3A0448.jpg CA3A0449.jpg
フロントフォークで有名なところと言えば、ロックショックスとFOXがあります。
動きのしなやかさで言えばFOXなのですが、メンテナンス的にはロックショックスです。
FOXはマムアンドポップスに出さないと、オイル交換すらできない(できるかもしれないけど知らない)。
ロックショックスの場合スモールパーツが手にはいるし、仕様書(英語版)もDLできるので
やろうと思えばDIYできるのだ。(ネットで検索すればみんなやってるし~)
でもって、アウターレッグとインナーレッグを外した画像が↑。
毎年分解清掃オイル交換しているけど、シールの内側はこんなに汚れています。
シールは去年交換済みなので、今年はウエスで拭き取るのみ(写真右)。
CA3A0450.jpg CA3A0451.jpg
写真左がインナーレッグオイルチャンバーに入っていた旧オイル。
乳化していないので、水の浸入は無し オイル量も減っていない。 でも黒いですね~。。
で、右が新しいオイル(フィニッシュライン5wt 118cc)。
1年経てば、オイルも劣化するので交換する必要がありますね。
(外観は奇麗でも、色んなところが劣化していくのです)
CA3A0452.jpg CA3A0453.jpg
オイルチャンバー以外のところには、15wt(ちょっと固め)のオイルを
潤滑油として適当に入れていく。(本当はロックショックス純正レッドラムなんだけど、
フィニッシュライン15wt入れてます)
特に、写真右側のアウターレッグシール下部にあるスポンジ部分はたっぷりと染みこませて
組みます。
分解可能なロックショックス・動きのFOX好みの問題ですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。