スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚

4934761049199_400.jpg
娘の部屋に本棚を買った。無印良品(組み合わせて使える木製収納・本体・ハイタイプ・
奥行14cm・タモ材/ナチュラル 幅80×奥行14×高さ212.5)
勉強は強要しないけど、本だけは沢山読んでほしい。
くっっだらないテレビ見るくらいなら、本読んだ方が数百倍も得るものがある。
でも、漫画本とか入れられちゃうんだろうなぁ。。。
スポンサーサイト

八島湿原

何度も何度もこりもせず八島まで登ってます。
今週末はマウンテンサイクリングin乗鞍に出場するので、最後のチャリトレとなる。
相変わらずミントを背負って八島街道をせっせこと登る。
IMG_4858.jpg
森のカーテンが日差しを遮り気持ちよく登れるルート。
たまに登ってくる車はカーナビに従って登ってくる県外ナンバーの車だけ。
地元の車は山関係がほとんど、地元の人間なんてこの道の存在すら知らないのでは?
おかげで、車を気にすることなくえぐい斜度の坂道を犬背負って登る。
IMG_4859.jpg
今日は補給食忘れたから、八島ドライブインで高いコーラを飲んで復活。
ここの景色は何度見ても飽きません。日差しはきついけど標高高いから涼しいし。

乗鞍終わっても、このコース走り続けます。
それくらい気に入ってます。

CX-5が見せるマツダの本気度

フレンディのオイル交換で、甲信マツダ岡谷店に行った。
交換中お世話になっている担当さんとCX-5について説明を受け、
「試乗なさりますか?」と言われ乗ってみました。
インパネ周りは至って普通でいわゆる”最近の車”です。
好印象だったのは、サイドブレーキがペダル式ではなく、左手で操作するタイプ
(一昔前のタイプです)だったこと。
オートマなので、パーキングでサイドはめったに引かないけれど、
フットタイプは昔からあまり好きではありません。

さて、エンジンスタートボタンをポチリ!ブロロン・・・「えっ??」すぐにかかった!
ディーゼル乗りなら知っていますが、軽油はグローと呼ばれる電気ヒーターで温めてから
燃焼室へ運ばれます。ですので、グローランプなるものがあって、こいつが点灯している
間はエンジン掛けてもかからない時があるのです。
なのに、このCX-5そういった前段階なしに一発始動したんです。
しかも、エンジン音がほとんどしません。「えっ?これディーゼルですよね?」って
なんども担当さんに伺っちゃいました。
いろんな感触を知りたかったので、あえてエアコンはオフとして窓を全開にして試乗開始。
エンジンからの振動は皆無・音もガソリン並み、さて、、加速その他は・・・って
ガソリン並みのフィーリングにびっくり。またしても「これ、ディーゼルですよね?」って(笑)
乗り味はマツダらしくやや硬め、コーナーでの挙動もうまく抑えている。
i-stopを駆使すればリッター14~15㌔くらいは行きそう。。

スカイアクティブディーゼルエンジンの開発だけでも相当な費用・苦労がかかったと思うのに、
CX-5はプラットフォームも独自の物を使用してるというから、マツダの本気度を感じます。
ハイブリッドでなく、内燃機にこだわるマツダの姿勢が私は好きです。
スペックその他難しいことはよくわからないけど、乗った瞬間の感動を与えてくれる車に
久々に出会った気分です。

もちろん、我が家の財政事情では到底買える車ではないけれど。。。

あいも変わらず八島湿原

毎日暑い日が続きます。クーラーのない我が家でも、
今年こそクーラーか?と言いつつ夏を過ごしております。
そんな暑い日にトレイルなんて行く気にもならず、やっぱり涼しい八島・
霧ヶ峰高原をチョイスしてしまいます。
IMG_4840.jpg
御柱木落とし坂からヒルクライムで棚木場まで。
ここには、天然の水場があり休憩していると各所から取水に来る
人達がいます。今日も、諏訪から来た方と軽くお話ししました。
ここのお水かなり美味しいです。
IMG_4845.jpg
ここまでは、序章で、、この程度で音を上げているようでは
八島湿原までの道のりははるかかなたです。
ここからが本番で、容赦ない斜度の坂が続きます。
ただ、森のカーテンのおかげでかなり涼しいです。
最近は、重めのギアでゆっくりペダリングしながら登っています。
骨盤と肩甲骨を意識して乗るようにしているため。
ペダリングを速くすると意識がそっちにいってしまい、
自分にとっての正しいフォームではなくなってしまう。
特に疲れるとフォームが崩れて、より疲れやすくなってしまう。
brushes_20120805202336.jpg
体幹を意識したフォームだと骨盤がしっかりと立って、
肩甲骨を開いてハンドルを包み込むような姿勢となります。
長時間ライドで股が痛いとか手が痛いと言っているのはこの姿勢が
とれていないから。
もちろん、体幹が鍛えられていないとできないので、普段の努力が必要。
brushes (1)
で、、疲れてくると体幹で支えられず腕に乗りかかってしまい、
肩甲骨が閉じてしまい上半身に力点が集中してしまう。
こうなってしまうと、腕や股が痛くなりつらいライドとなります。
なるべく、こうならないように意識してはいるものの、
疲れるとこうなってしまうのが現状。
ペダリングも重要ですが、姿勢も重要なんです。(ってあたりまえか)
IMG_4854.jpg
いつも思うのですが、行って帰って3時間のチャリ行で
こんな素敵な景色を拝める環境ってすばらしい♪

プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。