スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真

私が愛用しているCANON G10。 ちょっとかさばるけど、カメラっぽい感じが好きで
購入したもの。 機能云々に関しては、あまり興味が無く使いこなす事も無理なので
見た目だけで選びました(^^ゞ

普段はポーチやサイクールランバーバック3に入れてるのですが、
自転車に乗ってる時は、トライバックに入れて使っている。
G10は電源OFF時にレンズが収納されるのでトライバックに入ります。
こんな雑な扱いにも、今のところ壊れることはありません。

走っているときに「いいな、ここ」って風景に出会ったら、
ササッとトライバックから取り出しパチリ。
このカメラ、RAWモードがあるのも嬉しい。
(なんていうか・・・奥行きのある映像が撮れます。)
何て事無い毎日の風景も、カメラを通すとまた違った世界が見える。
下手なりに自己満足の写真が撮れたときの喜びもひとしおですね。
スポンサーサイト

八ヶ岳をバックに

IMG_2116-1.jpg
先週の大雪で走れるところが限定されてしまった。
でも、こうやって雄大な景色を眺めて走る気分は最高♪

岡谷-蓼の海-霧ヶ峰

凍ってる いつもの直登ルートで蓼の海まで登る。
 前回走ったより楽に登れた。
 こういった、ちょっとした進歩が嬉しくて
 また登ってしまう。
 今日はもう少し距離を伸ばして、霧ヶ峰を目指す。
 道路の雪はほとんど溶けている。
 久しぶりに来たので、登れるか不安だったけど
 思ったより楽に登れてビックリ。
 タイヤをRIBMOにしたせいなのか?
 
 
霧ヶ峰 いつもの場所でいつもの黒犬に吠えられ、
 緩めの坂を登る。
 目的地である霧ヶ峰高原は、思ったほど雪もなく
 雲一つ無い絶景が見られました。
 ここに来ると、自転車シーズン始まったって
 気がします。






霧ヶ峰

秋宮ー蓼の海



powered by 地図Z

ここが限界 距離はないけど負荷があり、登りごたえ満点です。
 斜度はツールド美ヶ原最初の激坂より少しなるい感じ。
 それが7㎞ず~っと続きます。
 休まずに登れば、足はパンパン・汗ダクダクになれます。
 日当たりが良いので、残雪はゼロ。
 景色は普通の里山です。
 絶景は無いけど、目の前の激坂とにらめっこしながら

残雪 ただがむしゃらにペダルを漕ぐのみ♪
 もっと早く登りたい。ただそれだけを思い
 ペダルを漕ぐ。
 登り切ったときの達成感は格別です。

伊那

suwako suwako
朝方霧がかっていたけど、晴れるとの予報だったの出かける事に。
メンバーはニョロ氏・イノッチ・私の3人。
天竜川 目的地設定は、伊那ラーメン屋”原点”。
 ついでに、川岸から辰野ホタル公園までのルート開拓。
 この区間は道も狭く、当然歩道も無い。
 岡谷と辰野を結ぶ唯一の道とあって、トラックも
 多く通り、あまり好きな道ではありません。

行き止まり 天竜川沿いに、迂回路は無いか調査してみました。
 結果は、駄目~(涙)。
 左右の川沿いを走ったのですが、どちらも途中で行き止まり。
 結局、車道に出なければ行けませんでした。
 ←自転車担いで登ったけど行き止まりで戻るところ。

フキノトウ 川沿いの土手にはもうフキノトウが出始めました。
 今年は総じて暖かい冬でした。
 10年くらい前なら、今頃でも諏訪湖は
 全面結氷&御神渡していたのにね。
 

用水路 それでも、途中からホタル公園につながる
 用水路脇の道を見つけて、一般道を回避。
 道幅1m足らずで結構な絶壁&天竜川と
 ちょっとスリリングな道ではあったけど
 (もちろん、転ぶなら用水路側だ)、

福寿草 無事ホタル公園到着♪
 今度は綺麗な福寿草が咲いてました。
 ここは、6月の中旬からホタル祭を
 やっており、それはもう美しいホタルの
 乱舞が見られる素敵な公園です。

山を背景に ここまで来れば、後はいつものコースで
 伊那まで快適トリップ♪
 お目当てのラーメンしっかり食べて、
 大満足の3人♪
 往復70㎞のミドルトリップに



powered by 地図Z


足が張ったけど、いい汗かきました。
目の手術が終わるまでは、こんな感じが続きそう。
片目でトレイルはちょっと危険すぎるから。
 




プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。