スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイル整備

いつも行くトレイルに整備がてら走ってきました♪
八ヶ岳 八ヶ岳は雪降ったみたい。
 5月になるってのに気温6℃寒い。
 ニョロ神社でムツゴロウ氏・テル君と合流し、
 トレイルポイントまで登る。
 今のところ誰も全乗車で登り切れた事のないダート。

きつい~ 前半もきついが、中・後半の方が更にきつく、
 乳酸溜まりまくりで息も絶え絶え。
 休憩しながら、登り続けます。
 登れば最高のトレイルが待ってます♪
 

一休み 森 せせらぎ
さて、今回の目的はトレイル整備。
じゃまな木を切り、枝を払い、3人がかりで開拓していきます。
こんな感じ こんな感じ2
まだ草が生えてきていないこの時期は、ルート決めするのにもってこいでして、
”あっちに振ってジャンプ台作ろう”とか”これをバームにしよう”とか言いながら
コースメイクしていけます。
去年マーシーのお手伝いして、かじり程度だけどトレイル造り覚えたから
結構楽しい♪
ドロップ下ったところ 熊手やら手斧抱えて移動しちゃあ整備。
 子供時代に秘密基地作っていた気分です。
 メインルート80%開通って感じで今日は終了。
 だって、小雪がちらついてるんだもん(さみ~)。
 メインが完成したら、新ルートも作る予定。

携帯ケース 携帯ケース2
話は変わって、モンベルで小さいポーチ購入しました。
G10用です。(私的な使い方としてです)
裏側を見て頂けると分かると思うのですが、縦にも横にも対応出来るようになってます。
例えば、横ならベルト・縦ならバックパックのショルダー部に付ければOK。
収納式の肩掛けが付いていたり、落下防止リードが付いていたりと
意外に多機能で1500円なら、お得なのでは??




スポンサーサイト

諏訪湖

suwako
(G10 諏訪湖)
swako2
(G10 釜口水門)
suwako3
(G10 アピタ前)
G10持ってママチャリで諏訪湖を散策。
気が向いたらパチリ”おぉ~”面白い。
自転車とカメラって相性良いです。
まったり走って気に入った景色に出会ったらパチリ。
面白いです。

マイブーム

ホットサンドはまってます。
晩飯・朝飯の残り物にキャベツかレタスとチーズ・ソース(その他調味料)を
適当に挟んでツーリングの昼飯にしています。
焼き上がったホットサンドをほおばると、外はかりかり・中はジューシー♪
そりゃーもぅ、まいう~です。
欠点は荷物になる事。
先日の長距離ツーリング、こいつのおかげで今も尻痛いし(イタタ)。


姫シャラ

庭
(G10)

枝振りの良い木だったので、思わず買っちゃいました。
本当はエゴノキってのを買いたかったんだけどね。

あえて横向きに付けた照明は、こいつの為に付けたようなもの。
ライトアップするとシルエットが綺麗に映し出され、自己満足状態♪
これで、植栽エリアは終了。
今後の予定は、自転車置き場作成・和室側にウッドデッキ・駐車場インターロッキング。
夢は大きく、現実は厳しい。
いったいいつ完成するやら・・・・

扉温泉

teru
(G10)
テル君と霧ヶ峰~美ヶ原~扉温泉~松本~塩尻峠と一筆書きルートを走ってきました。
もちろんG10を持ってね♪
シャッタースピード変えたり、絞りを変えたりしながら撮ってきました♪
G10やっぱ良いですわ~。
6月になればニッコウキスゲや沢山の高原植物が群生し、写真撮るには良い季節。
もちろん自転車で行きますよ、トレーニングですから。
kiirgamine
G10)
teru2
(G10)
teru3
(G10)
諏訪大社下社春宮から霧ヶ峰ドライブインまで約2時間。
そこから美ヶ原扉温泉入口看板まで2時間(昼ご飯含む)。
扉温泉まったり30分♪
松本まで下り塩尻峠経由で自宅まで3時間。
走行距離90㎞。(きつかった)
登坂路多いが斜度はきつくないです。

本日もホットサンドセットを持って行きました。
バウルーサンドイッチトースターとバーナーセット。
こいつをバックパックに入れて走った(90㎞)もんですから、重いのなんのって、、、
後半戦はお尻痛との戦いだったよ(涙)。
でも、ホットサンド旨いんだよな~。


写真って奥深いのね

カエル
諏訪の桜も昨日までが見頃、ほとんどが散り始めております。
さて、先日購入したパワーショットG10、取説と格闘しながら未だオート撮影
しかできないでおります(涙)。
柴桜
それでも、何気ない風景をサクッと撮影すれば、おぉ、、いいじゃんって自己満足♪
全てカメラがやってくれるから気ままに撮れます。
何よりも、G10には所有する喜びを持たせてくれるオーラがあります。

男子ごはん さてさて、今日は”太一×ケンタロウ 男子ごはん”の本
 発売日です。 料理が趣味って訳じゃないんだけど、
 たまに作ったりします。
 もちろん、レシピが無ければ何も作れないわけでして、、、
 テレビ番組で色んな方の料理作ってみるのですが、
どうしてもうまくいかないのです。 そんな中、ケンタロウさんのレシピだけは
私に合ってて(とにかくシンプル)、何作っても美味しいって言ってもらえます♪

ちなみに、私の場合キャンプ料理で主に作ってます。
例えば、ミルフィーユ風カツを晩ご飯に作って残りをホットサンドにして朝ご飯にしたり。
なにげに、キャンプ料理本としてもお勧めの一冊です。

POWERSHOT G10

sakura
(諏訪湖沿いの桜 auto)

壊れたデジカメの後継機として購入しました。
カメラに関するうんちく全くなしで、とにかくメカメカしいのが欲しくて購入。
いや~凄いですね~。
目で見た感動にかなり近い映像が撮れますねぇ。
最近のデジカメってこんなにすごいんだぁ。
SDだって16ギガ入れとけば何百枚も撮れちゃう♪
色々機能あるけど、きっとオートモードがメインなんだろうなぁ。
宝の持ち腐れ? いいんです、写真は感じたままを思うがまま自由に撮れば。
使い続ければ多彩な機能も役に立つでしょう(マニュアル読まない派(汗))。

この先10年は相棒として活躍して欲しいと願う!

高遠は葉桜だった(涙)

先週が見頃だった高遠へテル君と行ってきました。
杖突峠を登り高遠目指す、いつもなら近づくにつれピンク一色なのに違う。
葉桜じゃん(涙)。
せっかく来たのに~、、、残念。
でもまぁ、長距離&負荷トレーニングがてらだったので良しとしましょう。
まだ諏訪湖畔の方が桜綺麗に咲いています(今週末までが見頃)。
帰りも杖突を目指して帰ります。
sakura ホットサンド
途中で昼食タイムなり~♪
ちょっと荷物だったけど、カツサンドイッチをホットサンドにして食べた。
こないだ食べた甲州カツサンドより旨い♪

81㎞走って終了。
体重計乗ったら67.9㎏まで落ちてた!
あと3㎏絞ったらベスト体重、調子出てきました。


輪行

輪行とは自転車と共に電車へ乗りこみ移動する事。
(自転車料金はかかりません)
輪行バックが必要と思われがちだが、自転車にカバー掛かってれば
問題ないので、変な話100円ショップの自転車カバーでも乗れてしまう。
それでも、そのまま乗せたら他のお客さんに迷惑かけちゃうので、
せめて前輪外してハンドル90度曲げるくらいの気遣いは必要です。
そして、輪行していると希有な目で見られたり、よく話しかけられます。

今年は善光寺ご開帳あり、来月末までやっている。
もちろん、チャリで行く予定だし、輪行もする。

輪行良いよ~♪

ありがとうC-4040ZOOM

c-4040zoom
先日の伊豆旅行にて、長年愛用してきたデジカメが壊れてしまった(涙)。
10年前に大枚はたいて大事に使ってきた愛機。
子供の成長記録もビデオじゃなく写真におさめるタイプ。
こいつと共に歩んだ10年は沢山の思い出で一杯だ。

さて、次の愛機を探さねばならない。
カードサイズデジカメに興味はない(今の携帯で充分)。
一眼レフは高いしかさばる。
やっぱ、今までと同サイズもしくはもう少し小さめで
メカメカしいのが良い♪←ここポイント
大筋で買う機種は決まった。

こいつだぁ!


ファースト・トレイル

ムツゴロウ氏より”Kトレイル走れるよ明日行きましょ”メールを受け、
意気揚々に・・・と行きたいところですが、天気予報では午後から雨
・・・のはずだった。
集合場所から登り始めるといきなり大粒の雨(涙)。
雨宿り茂みに逃げ込み、雨宿りするもやむ気配なし。
仕方ないので、いつもの半分の場所からトレイル
走ってきました。
ってか、どうやって走ったか忘れてたし、
ダウンヒルのスピード感について行けない。
毎年走り始めはこんなモンです。
慣れればどうってことないんですけど、あと2~3回走り込まないと思い出せません。
でも、トレイル最高だね♪

よ~っし!今年も精力的に走るぞ~!

甲州カツサンド 甲州カツサンド2
でまぁ、そのまま帰るのも何だったので、足を伸ばして小淵沢までドライブ♪
駅で売ってる甲州カツサンドを喰って来ました。  まいう~。
注文受けてから作っているので、事前予約(30分前)が必要です。


伊豆ツーリングを終えて

基本的に坂が多いので、それなりの覚悟で臨む必要があります。
ロードバイクで行くのも良いかもしれませんが、海岸線は車道狭いところが
多く車に気を遣って走らなければいけないです。
MTBにスリックタイヤ履かせて自由気ままに道を行く。
これがツーリングの基本スタイルだと感じました。
改めてMTBの良さを再確認出来ました。

西伊豆・南伊豆・東伊豆とおのおのの顔を持ち、飽きさせない。
何度行っても伊豆は良いところです。
宿泊地だった下田は特に印象深く(景色・料理全てにおいて)
もう一度ゆっくり散策したい所でした。
また、伴走車として付き合ってくれたイノッチもこういった計画性のない旅が
とても楽しかったそうです。
南国?特有の人なつっこさと言いましょうか”松本ナンバー”を見て
結構話しかけられたそうで、伊豆の虜になってました。

装備はシンプル。
レーパン(ハーフ)・半袖ジャージ・ランニング(インナー)
ブレーカー(モンベルULジャケット)・SPDシューズ・グローブ(夏用)
・ヘルメットといつも通り。
あと、前後にライト付けて(昼間も点灯)、ポーチに軽食・財布と
予備チューブにポンプ。
ボトルは1㍑タイプがお勧め、南伊豆:雲見~下田間は自販機・コンビニ共に
ほとんど無いです(しかも一番きついエリア)。
そうそう、携帯充電器も必要です。
結構圏外エリア多くて一日でバッテリー無くなります。
おまけに携帯で写真撮ったり、仲間との連絡で消費率大です。

無理して伊豆一周する必要はないです。
駄目なら、輪行って逃げも用意すべきだと思います。
何よりも、あのすばらしい景色と海鮮料理を堪能し楽しむ事を優先すべきだと思います。

そして、何よりMTBで旅をする事をお勧めします。

伊豆一周自転車珍道中2日目

白浜 ふおおお~えめらるどぐり~ん
前日7時には高いびきをあげ爆睡したせいか、体調バッチリ本日も走る気満々♪
軽い朝食を済ませ意気揚々に出発した4名なり。
出発するとすぐに白浜が見えてきた。
「なにここ~?エメラルドグリーンじゃん」
信じられない美しさの海と綺麗な砂浜、夏になると渋滞するのもうなずけます。
さらば白浜白浜を堪能すると、待っていたのは坂道(涙)。
伊豆=坂 鉄板です。
ただ、西伊豆と違って斜度はきつくないです。
Yッスも痛めた膝をいたわりながら、なんとかついてきます。


ウルトラ生ジュース うめ~
坂を登り切るとこんな素敵なドライブインがあったりもします。
ここで飲んだウルトラ生オレンジジュース本当に旨かった♪
自動車乗って気軽に立ち寄ったってこいつのおいしさ分かりはしません。
汗かいて登り切った時に味わうからこそ旨いのです。
自転車に乗って旅をするのは今回が初めてですが、ほどよい疲れで食べると
うまみ倍増しますね。
よく走りましたそんなこんなで、伊東にある道の駅まで走り
今回のツーリングは終了としました。
(夜に用事があって帰らなければならなかった)
結局二日目は58㎞で終了
伊豆一周とまではいきませんでしたが、
170㎞走り海の幸を堪能し沢山の
絶景に出会うことができ、全員大満足でした。

海賊丼海賊丼♪

皆で食事をしながら、あそこはあ~だったとか、、
あの坂がど~だったとか
2日間の旅をプレイバック♪

また来年もやりましょう♪是非!






伊豆一周自転車珍道中1日目(2)

ふおおおお~海綺麗~正直、伊豆ってもっと楽かと思ってた。
あわよくば昼までに松崎まで行けちゃうんじゃない?くらいの
気持ちでいた。 でも大間違いだった。
西伊豆は坂が多く斜度もきつい、海っていう絶景がなければ
正直走りたくない。不定期とはいえ、走り込んでいたから
走れたものの普段全く走っていないYッスは膝を痛めてしまった。
ただ、この絶景を見たらそんなの吹き飛んじゃうのも事実。

宇久須キャンプ場土肥を過ぎてもボディブローのように効いてくる坂は続きます。
SPDで引き足を意識し、軽いギアでケイデンス80乳酸を
貯めないよう走り続ける。
宇久須キャンプ場、今年のファミリーキャンプ予定地。
まだ営業始まっていないので閑散としています。

宇久須キャンプ場2キャンプ場の目の前が海。
夏場はかなり過酷な環境かと思われるが、要領よくやれば
かなり快適に過ごせるし、我が家は(特に私)こういうのが
大好きなのです。
宇久須の合流地点に着く頃、後方Yッスから脱落&回収の
電話連絡を受ける。
アジ寿司膝もボトルの水も尽きたとのこと。
宇久須からYッス・イノッチと観光モードに切り替えです。
土肥の峠で話をした地元住民に教えてもらった三共食堂の
アジ寿司♪並:10個 大:15 当然大を注文し舌鼓♪
旨い!旨すぎます。
生ビールもと言いたいところですが、そこは我慢。
松崎食事を終え2人とは別れ、テル君と走り始める。
松崎から更にパワーアップした登坂路が続きます。
無理せず、時より見られる絶景を楽しみながらの旅。
相変わらずテル君は力強い走りで先に行ってしまった。
雲見を過ぎると海岸線から離れ、ひたすら上り坂が続く。
スピードメーターも80㎞からなかなか上がらず、1㎞が遠く
どこだっけ?てしかたなかった。何度か休憩し、降りて押したりしながらも
必死に先を目指す。 ”地獄坂どんだけ~”メールをYッスにすると、
”もう一つありますよ~”と切ない返事(涙)。
125㎞余裕なんて浅はかな考えは吹っ飛んだ。
海鮮料理・生ビール・温泉・フルーツパフェ・布団で寝たい・・・
あらゆる欲求がグルグルと頭を駆けめぐっては、目の前の
宿坂という現実に愕然とし、登り続けるのであった。
(ここら辺の写真撮る気力すら残ってません)
下田まであと10㎞、メーターはすでに102㎞・・・”走った”。
最後の気力を振り絞り、なんとか下田まで走りきった。
下田駅で皆と合流し宿へ向かう。
設備も風呂も??な宿だったけど、景色は最高!
サンセット112㎞を走りきり精も根も尽き果てボロボロ。
晩飯は近くのお店まで出掛けました。
そこで呑んだ生ビールがしみるしみる♪
変な話、今日一番のご馳走って生ビールじゃない?


ふおおお~マグロ丼もちろん、マグロ丼もまいう~♪



---バタンキューで二日目(笑)に続く

伊豆一周自転車珍道中1日目(1)

富士山私:「イノッチも伊豆行く?」
イノッチ:「いいですよ」
そんな会話からこの旅行が始まった。
伊豆一周約250㎞、一日125㎞走れば良いんだから
楽勝・楽勝なんて甘い考えが後でどんだけ後悔したのか、
イノッチがいてくれてどんだけ助かったのかは知るよしも無かった。
着いた早朝2時に起床し、はやる気持ちを抑えつつも楽しい旅行をスタート
させるのであった。
予定通り全員と合流し、いざ伊豆の玄関口沼津を目指す。
雲一つ無く富士山ばっちり♪ テンションは上がる一方だ。
7時淡島の漁港に到着、車からチャリを降ろしストレッチを始める。
ここからイノッチには車で先行してもらうのだ。
間違えた17号線を南下し戸田港で合流予定。
半袖・短パン(レーパン)で行こうと思ったが、予想より寒くブレーカーを
着こんでのスタート。海岸線上り下りはあるものの、絶好のロケーション
・・・のハズだった。途中二股の分かれ道左が戸田港・右が大瀬崎とある。
「戸田ってあるんだから左でしょ」左を選択。
間違いでした(涙)。峠越えの127号線で、一向に終わる事のない
坂道にYッスグロッキー、いきなりミスコースです。

↑頂上(8~9㎞ず~っと登り)
はぁ~戸田戸田港に着くとイノッチはまだ来ておらず電話連絡し合流。
大瀬崎の絶景を楽しんできたとのこと。
Yッス:「うちらも坂を堪能してきたよ、、もう嫌だけど」
今度こそ17号線を南下し、絶景&登りを堪能。
ここら辺からある事に気づく。
伊豆って坂道多くね?

---続く




旅支度

uhihi車に自転車と必要な機材を積んで用意はできた♪
後は仕事から帰ったらしっかり寝て深夜に出発だ!
バイクの調子も良い、やる気も充実している。
よ~っし、走るぞ~♪

因みに、Yッスは最初からやる気ゼロ。
ちょっと走ったらイノッチと交替する気満々。。。

まぁ、旅は人それぞれだし無理する必要は無い。

久しぶりのダート

okayaic午前八時の岡谷IC右側が下り車線。
高速1000円になり、さぞや混むかと思いきやいつもと変わらぬ気がする。
毎週出掛けられるほど財布の紐は緩くはないですね。

ここは、インター向かいの里山石船観音神社。
ここから塩嶺峠頂上までの直登ルートです。
saka距離が短く斜度がきついので、私的にはギリギリ頑張れるお気に入りの坂。
ようやく日陰の雪も溶け、坂道を使った負荷トレができます(嬉)。
基本はケイデンス80なんですけど、こういった坂道もしっかり走り込まないと
王滝完走なんて不可能(私にとってはね)。
その他レースだって、満足するタイムなんて期待出来ない。
所詮趣味なんだけど、完走したときの感動が忘れられなかったからでしょうか。
チームメンバーに置いて行かれないよう頑張っております。

saka2斜度はこんな感じ。

さて、午後はニョロ氏と激坂を求めて別ルートを走ってきました。
途中からダートになるところだったんだけど、坂はきついし前に進みゃーしない。
いままでロードで甘えていました(汗)。
やっぱ、ダート走らないと体力付きません!!
良い季節になってきました♪


諏訪湖大回り

近々、伊豆一周自転車ツーリングを計画している。
もちろん一泊二日で一周するのだ。
参加者は、テル君・Yッス・イノッチ(伴走車)・私の4人。
沼津を起点に、初日は下田を目的地とし海の幸を堪能しながら100㎞以上走る予定。
(二日目もそんぐらい走るのかな?)
いや~、山に囲まれていると海って聞いただけで嬉しくなっちゃいます。
海鮮料理の旨そうな店を地図に書き込みながらウキウキです。
カーナビ主体ではあるけど、割と地図愛用しちゃってるんですよね~。
CA3A0117.jpgそんな私が愛用している地図がコレ。
ツーリングマップルでして、バイク時代から変わらず使い続けております。
ツーリングルート=ドライブルートなわけだし食事するとこまで載ってるから、
急に出掛けても、楽しいドライブをすることできちゃう優れもの。
細かい場所は携帯でナビしてもらえば着いちゃう。
本当、便利な時代です。

小坂観音ちょいと時間ができたので、テル君と諏訪湖を囲む里山沿いを
グルッと回ってきました。
諏訪湖をぐるぐる回るだけでなく、こうしてちょっと標高の高い場所を選ぶと
きれいな景色を堪能することができます(坂も堪能できますけど)。
太陽光の反射でキラキラと輝く諏訪湖はとても美しく、雪の八ヶ岳をバックに
雄大なパノラマが心癒してくれます。
小坂観音2でもって、本日の目的地はアルペン。
前回話したジョギングシューズを調べるため。
いや~、圧巻でしたね~。
何がって、ジョギングシューズが壁一面ずら~っとあるんですもの。
何にも知らない私にゃ~、?○□△状態です。
適当に選んで履いてみると、すげー軽い!
クッションすげー!スニーカーとは別物!異次元の履き物じゃん!
とまぁ、何が良いか分からないまま、”とにかくジョギングシューズってすげー”ってことだけ
分かって帰ってきました。

ジョギングって、シューズさえ手に入れれば気軽にできちゃうのが魅力ですね。
なるほど、流行ってるわけだ~。
因みに、チャリはSPDで引き足使うので、ジョギングとは別の筋肉使います。
だから、RUNに関しては全くダメダメです。

ジョガーへの道

子供が春休みなので、休みの日は相手しないといけなく、益々自転車率下がる今日この頃。
一緒に諏訪湖チャリしても、たいしたトレーニングにもならず体重は減らない(涙)。
それならばと、私がRUN・チビ助がチャリで諏訪湖走ってみた。
いきなり走って諏訪湖一周できるはずもなく、10㎞程度を走ったり歩いたりした。
諏訪湖のウォーキングロードは、アスファルトではなく
低反発素材を敷いた足に優しい道なんだけど、、
やっぱ足痛めちゃいました(イタタ)。
でもってネットで調べてみると、初心者が陥る例として挙げられてた(汗)。

・何はなくとも専用シューズを購入するべし!
 ランニング時、足に掛かる負担は相当なもの。ただでさえ重い体重を弱りきった
 筋肉で支えるのは怪我の元だそうです。
 専用シューズを購入しなるべく足に負担をかけないのが基本。。。とのこと。

でもって、いくつか調べると定価1万以上(汗)。
う~ん、悩むな~。

プロフィール

謎の会社員

Author:謎の会社員
信州の里山に恋して移住してきたIターン者。
諏訪の里山を徘徊しております。
MTB最高!!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。